D.S.C オリーブ

D.S.C オリーブは児童発達支援と放課後等デイサービス「そよかぜ」「あおぞら」、相談支援事業所「エンジュ(槐)」、病児保育室「のびのび」を併設した施設です。
D.S.Cとは「Developmental Support Center」の略で発達を支援する施設という意味です。

 

詳しくはこちら

 

児童発達支援・放課後等
デイサービス「そよかぜ」

「そよかぜ」は個別的な活動が好ましい子どもたちが通所しており、子どもたちが安心して過ごせるように配慮しています。

詳細はこちら

児童発達支援・放課後等
デイサービス「あおぞら」

「あおぞら」はグループの活動を主にしていて、コミュニケーションの支援を大事にしています。

詳細はこちら

相談支援事業所
「エンジュ(槐)」

障害のあるお子様が福祉サービスを利用する場合に、保護者の方やお子様と一緒に考え、障害児支援利用計画を作成します。

詳細はこちら

 

ふじわら医院

児童発達支援・放課後等
デイサービス「きかん車」

「きかん車」は個別活動を中心としていますが、グループ活動の機会も設けています。様々な活動を通して発達の支援を行っています。

詳細はこちら

相談支援事業所
「きかん車」

「障害児相談支援事業所」を行っています。お困りごとがあるお子さまや、そのご家族の方の相談をお受けしています。まずはお気軽にご相談ください。

詳細はこちら

 

子ども発達支援研究所

発達面に心配なこと、不安なことがある18歳以下のお子様に対し、自費で検査を行っております。
医師は勤務しておりません。検査内容や日時等、希望に添えない場合があります。

 

詳しくはこちら

 

^