ただ今人チャレンジ中!


当院では、2006年4月より医院敷地内を完全禁煙とし、禁煙のための外来診療が保険適用になっています。タバコに対する「心理的依存(習慣)」、イライラなどの離脱症状(禁断症状)を起こす「ニコチン依存」は、医師やお薬の力を借りなければ、なかなか克服できるものではありません。禁煙外来では、禁煙に向けてのアドバイスや一酸化炭素濃度の測定、薬の処方を必要時行いながら身体・精神的にサポートし、禁煙の成功を応援します。禁煙外来を終了された方には、認定書をお渡ししています。

禁煙外来のご案内

保険診療の対象となる方

以下の用件を全て満たす方は、禁煙治療を健康保険で受けることができます。
●直ちに禁煙したいという意思のある方
●ニコチン依存症の問診票(TDS)で5点以上で、ニコチン依存症と診断された方
●1日の禁煙本数×禁煙年数(ブリンクマン指数といいます)が200以上ある方
●禁煙治療を受けることを文章により同意していること
問診表をダウンロードできます。
事前に記入されてお持ちいただいてもよいです。
問診表のダウンロードはこちら

初診時

●ニコチン依存症かチェックを行い、保険診療が受けられるか確認します。
●一酸化炭素濃度の測定を行い、タバコの有害物質をどのくらい取り込んでいるか調べます。
●胸部レントゲン・胸部CT・肺機能検査・肺気腫検査・体脂肪測定を行ない、今の状態を確認します。
●指導者と相談しながら、禁煙開始日を決定し、「禁煙宣言書」にサインをします。 
●次回診察日の決定を行い、治療のための禁煙補助薬の処方を受けます。
検査費用として約7,600円かかります。

禁煙補助薬

禁煙補助薬として、ニコチンパッチ(ニコチネルTTS)、または内服薬(チャンピックス)を用います。
禁煙の離脱症状を和らげることができ、禁煙率を高めることができます。
医師・看護師・管理栄養士と相談し、薬剤を選択します。
    

プログラム

選択する薬によって違います。
ニコチンパッチ(ニコチネルTTS)は計5回となり、内服薬(チャンピックス)では計7回の受診が必要となります。
ニコチネルTTS使用のプログラムを御覧ください。
チャンピックス内服のプログラムを御覧ください。
当医院では、管理栄養士も禁煙指導を行なっております。
禁煙による体重増加が気になる方には、体重コントロールを含めた支援も同時に行なう事ができます。

料金の目安

  ニコチネルTTS チャンピックス ガム
薬  局 約25.000円
(標準使用期間)
× (例)ニコレット
1日12個
1.100円×300円
(1ヶ月 33.000円)
医  院 約12.000円
(1ヶ月4.000円)
約18.000円
(1ヶ月 6.000円)

予約方法

お電話にて、ご連絡下さい
なお、受診に際してのご質問などございましたら、メールでもお受けいたします
●月・火・水・金曜日   午前8:30〜午後5:30
  木・土曜日         午前8:30〜午後12:00
●E-mail info@fujiwara-hp ( 24時間受付・ただし返事は翌日の診療時間内になります)

診療時間

 
午前
8:30〜12:00
×
午後
14:00〜17:00
× × ×
※完全予約制です。